二人の個性が光る華やかなウェルカムボード

結婚式に行くと招待客を迎えてくれるウェルカムボード。昔は式場が用意してくれる名前とあいさつが入った程度のものが主流でしたが、今は大変手の込んだ素敵なものが多くなっています。受付で結婚する二人に変わってお客様を迎えるのですから、二人の個性が感じられるものにしたいとの思いが伝わって来ます。やはり結婚という大切なセレモニーにふさわしい、花やブーケをあしらったものが多くみられます。フレームをワイヤーにして植物をあしらったりするのも素敵な演出です。立体的なものにすることによって華やかさが増します。ハンドメイドが得意な方はかわいいぬいぐるみを作ってあしらったりしています。リボンや羽なども華やかさと優しさが感じられるアイテムではないでしょうか。また二次会用のウェルカムボードはぐっと雰囲気を変えて、遊び心のあるものも人気があります。寄せ書きで構成されたもの、プチマスコットをあしらい記念にお持ち帰りいただくもの。いろいろです。そして結婚式のあとは大切な二人の記念になるものですので、玄関やリビングに飾られる方も多いようです。一生の記念になる大切なウェルカムボード、結婚する二人の心が伝わる素敵なものにしたいものですね。

手作りウェルカムボードも簡単に華やかになる

結婚式や披露宴ではウェルカムボードが必要になります。結婚式は人生で1度きりの大イベントなので、式後に新居に置けるような一生の宝物にできるものが良いです。ウェルカムボードはプロに頼むこともできますし、最近ではネットで簡単に注文もできます。プロに頼むタイプで人気なのはステンドグラスです。デザインも自分たちで決めれるので、早めの段階から決めておきます。色を沢山使うと華やかになります。似顔絵も人気です。水彩絵の具で描いてもらうと優しい印象になります。例えば、グラフィックタイプで描いてもらうと絵がはっきりし、背景に2人の好きなもの描いて、雑誌や漫画の表紙風にするのも目を引きます。手作りも人気で自分達らしさがでます。手作りをするときは会場入り口の大きさに合うようにプランナーさんと相談してから作ります。1番簡単で華やかさを出すには、額を購入し、ゲストへの最初のメッセージ、新郎新婦の名前、日付けをパソコンで作成し、額に入れて、造花やリボンを添えます。これだけで立派なウェルカムボードです。手芸が得意な人はウェルカムベアなどを作り、一緒に置いても良いです。最近では100円ほどで造花やリボン、小さい雑貨を購入できるので、そのような商品を利用するのも良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*